Brand Statement

ブランド ステートメント

ミツバチワークスは「つくる会社」です。

 

「つくる」とは組み合わせによって新たな価値を生み出すこと。

 

設立から12年の間にミツバチワークスは、
・No.1ガールズブログ「Decolog」
・世界中のカップルに愛される非言語コミュニケーションアプリ「Heart is in」
・カメラとトラベルのライフスタイルマガジン「GENIC」(雑誌×WEBメディア)
・インターネットで活躍する女性のためのマネジメントプロダクション「@GIRL」
・新しい職業でありコンセプト「プロトラベラー®️」
などの「CGM」「雑誌」「WEBメディア」「コンテンツ」「コンセプト」をつくってきました。

 

そして、これらのサービスはミツバチワークスの「つくる力」によって実現されています。国内有数規模のCGMを10年にわたり運営し、進化させることができる制作力と技術力。ハートをカップルで送りあうだけなのに世界中で愛され、5,000万回を超えるコミュニケーションを巻き起こす表現力。出版社として雑誌や書籍を発行できるコンテンツ力。新しい職業を創り出すことができる企画力。

 

では「つくる力」は何から生まれるのか?それはミツバチワークスが大切にしている、メンバー一人一人の「ユニーク」から生まれます。
ミツバチワークスがつくっているサービスを、ぜひ手にとってみてください。他には無い「ユニーク」をきっと感じていただけると思います。

 

こうした「つくる力」やメンバーの「ユニーク」を大切にするミツバチワークスのテーマは、「みんなよころぶ」です。
変化が激しいIT、メディア、コンテンツ業界において、常に第一線で自社サービスを作り続けることができるのは、決して独りよがりにならず「みんな」によろこんでもらおうとする姿勢によるものだと思います。